top of page

7月27日(木)

|

港区

未来予測コミュニティ第3回「宇宙分科会」

リスタートのテーマはズバリ「月」! 海外では月への探査、さらにその先には火星への 探査、研究が進んでおり、将来、人が移住する為にも 月は超重要案件となっております。

受付が終了しました
他のイベントを見る
未来予測コミュニティ第3回「宇宙分科会」
未来予測コミュニティ第3回「宇宙分科会」

日時・場所

2023年7月27日 14:30 – 17:30

港区, 日本、〒108-0074 東京都港区高輪4丁目23−5 品川ステーションビル 7階B号

イベントについて

コロナでお休みしていましたが、いよいよ再開いたします!

リスタートのテーマはズバリ「月」! 

海外では月への探査、さらにその先には火星への 探査、研究が

進んでおり、将来、人が移住する為にも 月は超重要案件となっております。

今回は「月」にフォーカスし、合同会社ムーン・アンド・プラネッツ

代表社員の寺薗氏をお招きし、過去、現在、未来の「月ビジネス」について伺います。

寺薗 淳也氏プロフィール

1967年東京都生まれ。東京大学大学院博士課程中退。宇宙航空研究開発機構

会津大学などを経て、現在合同会社ムーン・アンド・プラネッツ代表社員。

有限会社ユニバーサル・シェル・プログラミング研究所(USP研究所)

上級UNIXエバンジェリスト。NPO法人日本火星協会理事。専門は惑星科学

情報科学。月・惑星探査及び宇宙開発の普及啓発をライフワークとしている。

著書は『宇宙開発の不都合な真実』(彩図社、2022年)

『2025年、人類が再び月に降り立つ日』(祥伝社、2022年)など。

このイベントをシェア

bottom of page